スズキ エブリイ(DA64V)を車中泊仕様へ改造 DIY

一人旅を楽しむ

軽自動車のスズキ エブリイ ジョイン(DA64V)を車中泊仕様に改造してみました。 できるだけシンプルで軽量になるように改造してみましたので、どうぞご参考までに。

使用した材料は1×4(ワンバイフォー)材や9ミリのコンパネが中心なので、とても軽量です。 ただ材料が軽くなると、その分強度が落ちるので随所に補強が必要です。

でも、材料を軽くすることによって車検などのメインテナンス時には簡単に取り外しができるので大変便利です。

車内の床の高さを上げることによって、多くのキャンプ道具や工具を収納するスペースが生まれるという利点もあります。

スポンサーリンク

スズキ エブリイ(DA64V)車中泊仕様の製作材料

スズキ エブリイ(DA64V)を車中泊仕様に改造するにあたって必要な材料は以下の通り。

●1×4材(6F):5本
●コースレッド35mm:適量
●蝶ネジとボルト:2ヶ
●木工用ボンド:一本
●コンパネ9mm:2枚
●クッションフロアシート910mm幅:3000mm
●両面テープ:一本

スズキ エブリイ(DA64V)車中泊仕様の製作材料

後部座席を収納時にフラットにする

スズキ エブリイ ジョインは後部座席が分割されるシートになっています。

後部座席のシートを折り畳んで足元に収納した場合、通常は水平にはならずに若干手前が高くなります。

なので、少々改良を加えます。

そして、シートを収納した際に床面がフラットになるように改良したのが下の写真。

エブリイ ジョインの後部座席を収納時にフラットにする

実は足元のアームに木片を挟んだだけです。

ジョインの後部座席アームに木片を取り付けると水平になる

木片にドリルで穴を空けて結束バンドを使って取り付けただけなので、取り外しも簡単です。

これから、この高さを基準に荷室に台座の枠組み作りを始めます。

ジョインの後部座席を水平にするには木片にドリルで穴を空けて結束バンドで取り付ける

車中泊仕様の台座の製作

これから、床面をフラットにするために荷室に床板を乗せる台座を作ります。

まずは下の写真のパーツを二つ作ります。

エブリイ ジョイン車中泊仕様の台座

寸法は一つのパーツにつき以下の通り。

内側縦:860mm
中央縦:700mm
外側縦:1063mm
前側横:590mm
後側横:663mm

車中泊仕様の台座を二つ

車内にこのパーツを設置するとこのような状態になります。

なお、荷物室の床にはバッテリーの点検口があります。点検口のフタが少し出っ張っているので、事前にフタは裏返して床面を平らにしています。

車中泊仕様の台座設置する

台座パーツの横幅サイズは車内の幅とピッタリ合うように作っていますが、そのままでは走行中に振動でガタガタすると思います。 なので、蝶ネジとボルトで前後を固定します。

台座パーツを取り外す際も蝶ネジとボルトなので、とても簡単。

なお、ボルトの穴を空ける際は穴位置がずれないようにクランプ等でしっかりと固定しておくと良いです。

車中泊仕様の台座を蝶ネジとボルトで固定

台座の中央部は折畳み式にする

製作したこの台座の上には床板が乗るのですが後部座席を使用している時は中央部分の台座のスペースが確保できません。

なので、シートの収納時に中央部分の台座が伸びるような工夫が必要です。

そこで、中央部分の支えは蝶版で折り畳み式にしました。

こうすることにより、後部シートを使用している時は中央部分の台座を折り畳んで収納します。

そして、車中泊仕様にする時は折り畳まれた台座を伸ばすことで床板を乗せる事が可能となります。

エブリイの車中泊台座は丁番で折り畳む
エブリイの車中泊台座は丁番で伸ばす

台座を高さ微調整する

エブリイの荷室部分は床板の鉄板が波打っています。 なので、水平にする為に微調整をする必要があります。

エブリイの荷室部分の床板は波打っている鉄板

中央部分と両サイドの前方部分は若干、床との設置部分が浮いてしまうのでコンパネの切れ端を使って高さ調整をします。

車中泊台座をコンパネの切れ端で調整
車中泊台座をコンパネの切れ端で調整2

これで台座がフラットになり、がたつきが無くなりました。

後部座席を使用している時は一番外側にある台座の板はシートの座面と少し干渉するのでフェルト等の柔らかい布を板の内側に張って保護しても良いかと思います。

車中泊台座の完成

車中泊仕様の床板製作

床板に使用する板は12mmではなく、軽量化するために9mmのコンパネを仕様しました。

9mmのコンパネは強度的には弱いので12mmを使っても良いかと思いますが、軽量化の為にあえて9mmを使用しています。

あらかじめに車内の形に合わせて段ボールで型を取って、ジグソーでコンパネを切っています。

車中泊仕様の床板製作

床板パーツは全部で4枚。

前後の床板が重なる部分には床からの支えがないので、写真のように後部板に出っ張り部分を設けて前部の床板を支えるようにしています。 出っ張り部分は木工用ボンドとビスで固定しています。

車中泊仕様の床板の合わせ目部分の工夫
車中泊仕様の床板の合わせ目部分の工夫2

こうすることで床板を台座に乗せた時に段差がなくなり、合わせ目部分に体重がかかった時でも板がずれてしまう事もなくなります。

床板の合わせ目は分からなくなる

床板にクッションフロアシートを貼る

床板にはクッションフロアシートを貼ります。

落ち着く木目調のデザインのシートを使いました。

床板には木目調のクッションフロアを使う

床板に形を合わせて切り取り、両面テープで接着。

もし、フロアシートが破れたり劣化した場合でも両面テープなら剥がすのが簡単です。

フロアシートを両面テープで床板に貼る

これで、床板の完成です。

エブリイの車中泊仕様の完成

床板の前方部分の支え板

前方部分の床板は折り畳んだ後部座席の背面部分で支えられています。

なので、そこへ体重をかけるとシートにはクッション性があるために、どうしても床板が若干沈んでしまいます。

そこで、床板を支えるための補助パーツを製作してみました。

床板を支える補助パーツの製作

このような感じで4枚の補助パーツで床板を支えています。

これで、安心。と思ったのもつかの間…

床板を支える補助パーツの仕様風景
床板を支える補助パーツの仕様風景を横から見る

補助パーツを床板から外すときに折れてしまった。

床板を支える補助パーツが折れた

なので、補助パーツの上部を短くしました。

ついでに、補強の為にドリルで穴を空けて長いビスも打ち込みました。

床板を支える補助パーツの改良

これで、問題なく使用ができるようになりました。

床板を支える補助パーツに補強を入れる

後部座席使用時は床板を重ねる

床板は4枚のパーツに分かれているので、いろいろなバリエーションに並べる事ができます。

床板の車中泊バリエーション
後部座席使用時は床板を重ねる

後部座席を使用している時は、前方部分の床板を後方部分の床板に重ねて収納します。

その際に、横ずれ防止のためにスペーサーを作って後方部分の床板(重ねた下側の板)に貼り付けておきます。

床板収納時のスペーサー製作

そして、重ねた2枚の床板はボルトを通して固定します。

取り外しがしやすいように頭部分が大きな六角ボルトを使っています。

2枚の床板はボルトを通して固定する

床板をボルトで固定しているので、このように片側だけをベッド仕様にしても走行中に重ねた床板が動く事はありません。

車中泊でソロキャンプをするなら、このような使い方が便利かもしれませんね。

片面だけを車中泊仕様にする

なお、このようにエブリイを車中泊仕様に改造してもシートをすべて倒してフルフラットにすることも可能です。

その際は完全なフルフラットにはなりませんが、マットを敷かなくても眠ることはできます。

床下収納スペース

この車中泊仕様の改造では床下に多くの収納スペースを作ることができます。

使用頻度が少ない道具や予備の消耗品などはこちらへ収納しておくと大変便利です。

意外とたくさんの道具が収納できます。

床板の車中泊バリエーション

そして、車中泊仕様の台座は簡単に取り外せるので掃除も簡単に行う事ができます。

車中泊の後の掃除も簡単
スズキ エブリイ(DA64V)を車中泊仕様へ改造 DIY
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

関連記事

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。