激安のソロテーブル・100円ショップ

一人旅を楽しむ

アウトドアメーカーからはソロキャンプで使えるソロテーブルが各種発売されていますが、サイズの割には意外と価格が高いものが多い。

ここで紹介するソロキャンプ用テーブルは百円ショップで売っていたので100円+消費税のみ。

造りやデザインは値段相応ですが、キャンプでのサイドテーブル代わりには活躍してくれそうです。

白いテーブル天板に黒い脚という飽きの来ないシンプルな配色です。 収納サイズもコンパクトなのでバイクや自転車のソロキャンパーにはうれしいですね。

安いので2個くらい買ってしまいそうです。

スポンサーリンク

百円ショップのソロテーブル

このクオリティーで百円ならお買い得ではないでしょうか。

テーブルの天板にあるロゴも、よく見ると意外とかっこいい。 白いテーブルなので清潔感もあります。

天板はプラスティック製なので熱には弱いですが、裏側に補強が入っているので少々の重いものを乗せても天板が曲がることはありません。

脚部分は接地面がアーチ状になっているので、安定感もあります。

百円ショップのソロテーブル
百円ショップのソロテーブルを組み立て

ソロテーブルの詳細

サイズ
 組立時:284mm×175mm×88mm
 収納時:284mm×175mm×23mm
 重 量:150g
 耐荷重:1000g

このテーブルの耐荷重は1キロあるようなので、充分な強度ではないでしょうか。

百均ソロテーブルのスペック
百均ソロテーブル

百均ソロテーブルの収納時

この百均ソロテーブルの収納方法はいたってシンプル。

脚をパタッと折り畳むだけ。

百均ソロテーブルの裏側
百均ソロテーブルの収納

百均ソロテーブルの組立時

そして、使用時は脚を立てれば完成。

百円ショップの食器やカトラリーをソロテーブルにのせてみました。

このように一人分の食器やマグカップくらいなら充分のせる事できます。 キャンプでありんこだらけの地面に直接食器を置きたくない時には、このような手軽なテーブルが一つあると快適度がグンと上がりますね。

百均ソロテーブルの組立時

百均ソロテーブルの応用時

もう少しテーブルサイズが大きければ…、熱いものをテーブルにのせたい…

そんな時は、このテーブルに大きくて熱に強い天板をのせれば問題は解決します。

100円ショップのシェラカップにベルモントのシェラカップを重ねる

ダブルクリップと何度も使える結束バンドを利用します。

テーブルの脚の根元部分にこのように取り付けて、天板をしっかりと固定します。

ベルモントのシェラカップに100円ショップのシェラカップは重ならない

これで、大きなソロキャンプ用テーブルとしても使えるようになりました。

ベルモントのシェラカップに100円ショップのシェラカップは重ならない

リンク先で紹介しているアルミ板はモデルチェンジして一回り程小さくなったようです。

ホームセンターなどで現物を確認してから買う方が確実です。

激安のソロテーブル・100円ショップ
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

関連記事

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。