移動手段別にソロキャンプを楽しむ方法 - 自動車、バイク、自転車、歩き旅の必需品

ソロキャンプの装備や楽しみ方は、旅の移動スタイルによって大きく変わってきます。

徒歩や自転車での移動の場合は道具に「軽量さ」を求めますが、車やバイク移動なら「快適さ」を重視して大きなアイテムを積載することが可能です。

また、最近はテントの代わりに車中泊でキャンプを楽しむスタイルも人気です。

このページでは旅の移動手段別に必要な装備について紹介したいと思います。

くつろぎ方も千差万別で、お座敷スタイルでは座椅子を使う場合もありますし、コットをベンチやお昼寝に利用するスタイルもあります。

そして、長期のキャンプでは、一泊二日のキャンプでは気付かない注意点もあります。

共通の必需品

冬以外の低地でソロキャンプをするにあたって、個人的な判断で究極に必要な道具を絞って挙げると以下10種類のアイテムになります。

  • テント
  • マット
  • シュラフ
  • ライト
  • 洗面用具
  • クッカー
  • カトラリー類
  • ストーブ
  • 収納バッグ
  • 水・食料

しかし、キャンプのスタイルによっては一概には言えない場合もあります。

例えば、テント・マット・シュラフなどはキャンプの必需品と言われています。

しかし、「ハンモックテント」や「フロアレステント&コット」のスタイルならマットやシートが必要ありませんし、「タープ&蚊帳」ならテント自体が不要だったりします。

乗り物別では、バイクや自転車の場合はキャリアやサイドバッグなどが必要になりますし、徒歩移動でリヤカーやキャリーカートを使う場合はバックパックや背負子が必要ないこともあります。

ただ、ソロキャンプの旅に「快適さ」も求めるには、他にも色々な道具が必要になってくるでしょう。

ソロキャンプで必要な道具

マイカースタイル

自動車移動の場合は、積載に苦労することはあまりないと思います。

特にワゴンタイプの車は積載能力は抜群です。

更に積載力を増やそうと思えばルーフキャリアにコンテナやルーフボックスを装着するという方法もあります。

キャンプ道具を運搬する為に折り畳み式のキャリーワゴンを使う方法もあれば、一つのザックに全てまとめるという方法まで様々あります。

ただ、荷物が多くなりがちなので予備の道具と必需品を分けて積載すると効率が良くなります。

また、日中はキャンプ場で焚き火などをして過ごし、就寝時は車中泊スタイルにするなら、テントやマットが必要ありません。

自動車の場合は、駐車料金や有料道路などの支出が多くなるので通常より多めのキャッシュを用意しておくことも必要です。

【マイカースタイルでの追加装備】

  • 荷物運搬用バッグの選択肢
    • 大型ダッフルバッグ
    • ザック
    • 背負子
    • コンテナ
    • 折り畳み式キャリーワゴン
  • 自動車用工具
    • パンク修理キット
    • 電動空気入れ
    • ヒューズ
  • ルーフキャリア(ルーフボックス)
  • 蚊帳(夏に車中泊をする場合)
  • 多めの費用
  • 任意保険・車検証
マイカースタイル

バックパッカースタイル

目的のキャンプ地まで徒歩で移動する際に電車やバスなどの公共の交通機関を利用するのであれば、キャリアカートに積載して牽引するという方法もあります。

しかし、長期のキャンプ旅なら背中に担ぐバックパックや背負子が必要になるでしょう。

全てのキャンプ道具を一つのバックパックに収納するので、長時間背負っても疲れないものを選ばなければなりません。

しかし、例外として大きなリアカーをひいて旅をするスタイルの場合は、ザックの必要性がないこともあります。

そして、ヒッチハイクをするなら、大きくて目立つサインボードも必要でしょう。

夏のキャンプの場合、日差しは天敵です。

火傷にならないように、「日除け」や「日焼け止め」も必需品です。

また、雨対策も必須です。

【バックパッカースタイルでの追加装備】

  • 荷物運搬用バッグの選択肢
    • ザック
    • 背負子
    • リアカーやキャリア(牽引スタイル)
    • サブバッグ(貴重品入れ)
    • ウエストポーチ(貴重品入れ)
  • 非常食(すぐ食べれるもの)
  • 長時間歩いても疲れない靴
  • 日除けになる帽子
  • 長袖もしくは腕カバー
  • 日焼け止め
  • ホワイトボード(ヒッチハイクの場合)
バックパッカースタイル

チャリダースタイル

自転車での移動の場合、短距離なら全てのキャンプ道具を背負って移動するという方法があります。

しかし、自転車を長時間漕いでいると軽量な小型ザックを一つ担いでいるだけで極度の疲労感に襲われることが多々あります。

やはり、キャンプ道具は全て自転車に積載するのがベストです。

その際に必要になるのが、リアキャリアやフロントキャリア、サイドバッグなどです。

また、自転車旅では転倒やパンクなどの故障が付きものなので専用工具や修理キットなども必要になります。

盗難対策や日焼け止め対策、雨対策も必須です。

そして、チャリダーは体力勝負なので、すぐに栄養補給ができる食料も必需品です。 延々と続く長い坂道でシャリバテを起こしてしまうと動けませんからね…

【チャリダースタイルでの追加装備】

  • 荷物運搬用バッグの選択肢
    • サイドバッグ
    • 小型のダッフルバッグ
    • サブバッグ(貴重品入れ)
    • ウエストポーチ(貴重品入れ)
  • 自転車用工具
    • タイヤレバー
    • パンク修理キット
    • タイヤチューブ
    • 六角レンチ
    • 小型空気入れ
    • ペンチ
  • 非常食(すぐ食べれるもの)
  • リアキャリア・フロントキャリア
  • 盗難防止用チェーン
  • 自転車用ヘルメット
  • レインカバー・シューズカバー
  • 長袖もしくは腕カバー
  • 日焼け止め
  • 自転車保険
チャリダースタイル

ライダースタイル

オートバイでのロングツーリングの場合、荷物の積載方法は色々とバリエーションがあります。

バイクには大きく分けてオンロード、オフロード、スクーター、配達用バイクと種類があり、新聞配達などで使用されている原付バイクには最初からリアキャリアが装備されているものもあります。

荷台に荷物を積載することもできますし、装備が軽量なら背中に担いで移動することも可能です。

自転車旅と同じく、サイドバッグを使うスタイルもありますが一つのダッフルバッグに荷物を詰め込むというスタイルや大型ザックや背負子を積載するスタイルもあります。

また、コンテナやクーラーボックスを使う場合はテーブルやイスとしても活躍します。

あと、原付バイクならバイク用トレーラーを牽引するという方法もあります。

そして、転倒時の怪我防止対策、盗難対策、日焼け止め対策、雨対策も必須です。

バイク修理用の工具や予備パーツなども必要になるでしょう。

【ライダースタイルでの追加装備】

  • 荷物運搬用バッグの選択肢
    • 大型ダッフルバッグ
    • ザック
    • 背負子
    • コンテナ
    • サイドバッグ
    • サブバッグ(貴重品入れ)
    • ウエストポーチ(貴重品入れ)
  • バイク用工具
    • タイヤレバー
    • パンク修理キット
    • タイヤチューブ
    • 六角レンチ
    • ドライバー
    • 小型空気入れ
    • ペンチ
    • 電球
  • リアキャリア
  • 盗難防止用チェーン
  • バイク用ヘルメット
  • 怪我防止用のグローブ・シューズ
  • レインカバー・シューズカバー
  • 長袖もしくは腕カバー
  • 日焼け止め
  • 自賠責保険
ライダースタイル

【関連記事】

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

移動手段別にソロキャンプを楽しむ方法 - 自動車、バイク、自転車、歩き旅の必需品
この記事が気に入ったら「シェアをお願いします!

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。