ソロキャンプでの持ち物(衣)

一人旅を楽しむ

ソロキャンプの時に必要なアイテム(道具)を衣・食・住のそれぞれのシチュエーション別に分けてみました。

このページではキャンプの時に体に身に着けるものを中心に持ち物リストをまとめています。

日常身に着ける衣服はもちろんですが、急な天候の変化も考えられますので防寒着やレインウェアなども必需品ですね。

自分の旅に合わせた装備はこの他にもあると思いますのでどうぞ、ご参考になさって下さい。

スポンサーリンク

これだけは揃えたい、通常旅での常備品

帽子

大きく分けてキャップタイプとハットタイプがありますが、できれば防水性があるとが便利です。

【ソロキャンプでの帽子について】

ゴアテックスの帽子

行動着

普段、旅先で着ている服装。洗濯しても乾きやすいポリエステル製のものが使いやすい。

旅の普段着

予備下着(各2枚のみ)

こまめに洗濯すれば2~3枚で良いと思います。 冬でも乾きやすいポリエステル製品がおすすめ。

長期旅でも最低3日に一度はキャンプ場で洗濯すれば、この枚数でも問題ありません。

旅の下着

予備靴下(各3足のみ)

同じく2~3枚を常備。こちらも水道がある場所で、こまめに洗濯します。

旅の靴下

防寒着(ウィンドブレーカ等)

風が強く、朝晩の肌寒い時に着用します。軽くてかさばらないものがベスト。

旅の風除けになる防寒着

サンダル

テントの出入りや風呂上りにはあると大変便利です。

ソロキャンプで使うサンダル

はき慣れたのものが良いです。

旅の靴

軍手、革手袋

ペグや汚れた物を取り扱う時は手が汚れずに済みます。

ソロキャンプで活躍する革手袋

雨具(ポンチョ、レインコート)

雨の日のテント設営や撤収の際には両手の使える雨具が必要です。

ソロキャンプで使うポンチョ

タオル3~4枚

多めに持っておくとなにかと便利です。

吸水性抜群のマイクロファイバー製タオルが一枚あると、とても重宝します。

ソロキャンプで便利なマイクロファイバー製のタオル

+真夏のキャンプ装備の場合

水着

泳ぐ為だけではなく、風呂代わりにキャンプ場での水浴び時に着用しても便利です。

水着と水泳帽があると冬場でも温水プールに入ることができます。

旅先で水着

短パン

足部分が取り外せてショートパンツになるコンバーチブルパンツタイプが便利です。

ソロキャンプで便利なコンバーチブルパンツ

腕カバー

バイク、チャリンコ移動時の日焼け防止用として。

ロングツーリングの日焼け止めとして便利な腕カバー

日焼け止め

肌の弱い方は沖縄でキャンプ時や泳ぐ時には必需品です。

キャンプの日焼け止め

+冬期のキャンプ装備の場合

インナーダウンジャケット

コンパクトに小さくなるのもがベスト。

旅先での急な防寒着に最適なダウンジャケット

インナーダウンパンツ

コンパクトに小さくなるのもがベスト。

冬旅で暖かいダウンのズボン

化繊のインナーウエア

ヒートテック等の化繊繊維は汗を吸わず、乾燥が速いので体の冷えを防いでくれます。

化繊のアンダーウェア

厚手の靴下

就寝時に足を暖めると良く眠れます。

コンパクトになるダウンシューズもおすすめです。

ダウンシューズでテントの中でも暖かい

目だし帽(バラクラバ)

風雪が強い時などはとても暖かく感じます。

冬のキャンプで暖かいバラクラバ

+雨天のキャンプ装備の場合

折りたたみ長靴

コンパクトに小さくなるのもがベスト。野鳥の会の長靴がおすすめ。

バードウォッチング長靴

折りたたみ傘

雨に日にちょっとテントからトイレへ行く時など、重宝します。

ワンタッチで開閉するオートマチック傘も便利です。

全自動折り畳み傘

高耐水圧のレインウエア

特にバイク走行の場合は耐水圧が弱いと雨が染み込んできます。

旅先でのレインウェア

防水性のグローブ

バイク走行では夏でも指先が濡れると体がとても冷えてしまいます。

透湿防水性能のあるグローブがあれば快適です。

透湿防水グローブ

+焚火のキャンプ装備の場合

つなぎ

綿100%のツナギは飛び火でも穴が開きにくいのでおすすめです。

焚火遊びには綿製のツナギ

厚手の革手袋

熱いものをつかむ時に便利です。

焚火遊びには厚手の革手袋

トング

焼けた炭などをつかむ時には、これがないとできません。

焚火遊びにはトングが必需品
ソロキャンプでの持ち物(衣)必需品&あると便利なアイテム
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

関連記事

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。