旅キャンプで必要な持ち物:タオル編

キャンプの時だけでなく、タオルは日常生活でも欠かせないアイテムのひとつだと思います。

お風呂や洗顔の時だけでなく、タオルは汚れたものや濡れたものを拭くのにも役に立つ。

例えば、テントやタープの撤収の際には夜露や結露の水滴を拭きとったり、バイクのシートや自転車のサドルに溜まった雨水を拭きとったりする時も活躍する。

特に雨天のキャンプでは出番が多いでしょう。

頭に巻けば帽子代わりにもなるし、首元に巻けばマフラーとしても使える

スポンサーリンク

使い古したら、雑巾としてペグやシューズの泥汚れを落としたりするのにも役立つ。

タオルの種類はコットン素材のものが多いですが、最近は給水能力が高いマイクロファイバー製のものも安価で売られています。

アウトドアメーカーから発売されているレーヨン素材の速乾タオルも便利です。

タオルのサイズ

タオルのサイズには色々とあります。

ハンカチサイズのハンドタオルやお風呂上りに使うバスタオルなど、一般的には用途によって使い分けるのが普通です。

でも旅キャンプの時には、荷物を減らすために可能な限り兼用ができるものが良い。サイズを選ぶなら「フェイスタオル」の一択でしょう。

フェイスタオルなら日帰り入浴へ行く時でも荷物が、かさばらないし乾くのも早い。

そして、何より価格が安いので数枚用意しておいて、古くなったら雑巾やウエスとしても利用しても惜しくない。

綿素材のタオルなら最後は焚き火と一緒に燃やしてしまっても良いでしょう。

キャンプで使うタオル

綿素材のタオル

一番使いやすいタオルは木綿繊維のタオルではないでしょうか。

どこの家庭でも一枚くらいはコットン製のタオルがあるでしょう。

銀行や保険会社から粗品でタオルをもらう事も多い。

粗品のタオルは薄くてペラペラのものが多いですが、逆に薄いのですぐに乾くという利点もある。

タダでもらったタオルなら気兼ねなくウエスにして捨てることもできる。

最後は燃やして灰にすることも可能。

飽きの来ないブラウンカラーのコットンタオルも良い。

良質な米綿(スーピマ綿)を使用した、しっとりとなめらかな肌触りのタオル。

マイクロファイバー製タオル

マイクロファイバー製のタオルはナイロンやポリエステルなどの化学繊維で作られています。

繊維がとても細いことから吸水性が高く、速乾性にも優れている。

最近は百円ショップでもマイクロファイバー製のタオルが売られているので手軽に手に入るようなりました。

食器を洗った後に残った水分の拭き取ったり、テントやタープの朝露を拭きとったりするのも重宝する。

マイクロファイバー製のタオルが一枚あると何かと便利に使える。

ただ、繊維が極細なので指の指紋に引っ掛かる感触が苦手という方も多いでしょう。

キャンプで使うマイクロファイバー製タオル

同じマイクロファイバー製のタオルでも繊維の品質や織り方の違いによって、かなりの差があるようです。

カラーバリエーションも豊富にある。

アニメのキャラクターがプリントされたものも多い。

レーヨン製タオル

レーヨンは化学繊維に分類されていますが、パルプなどの天然素材を原料としているのでエコな素材でもあります。

最近は竹を原料としたバンブーレーヨンを使った吸水性の高いタオルもある。

フェルトのような肌触りも特徴。

アウトドアブランドのタオルなどはタオルの自重の10倍もの給水能力を持っていたりもします。

あと、レーヨンと綿を合わせて肌触りを向上させたタオルもある。

最近の「パックタオル」は、マイクロファイバー製のものが多いので要注意。

コフランから発売されている100%ビスコースレーヨンの速乾タオル。

近年はバンブーレーヨンが使われたタオルも人気が出てきている。

日本てぬぐい

日本古来からある「てぬぐい」をタオル代わりに使われている方も多いと思います。

生地が薄いので折りたたむとコンパクトに収納ができる。

給水能力は低いですが、速乾性が非常に優れている。

簡単に洗って乾かすことができるので、「てぬぐい」を公園のベンチにさっと敷いてテーブルクロスとしても使える。

ヘアーバンドやバンダナとして使ったり、非常時には細く引き裂いて包帯代わりにもなる。

タオルと比べると非常に結びやすい。

「てぬぐい」の素材は、ほとんどのものがコットン100%。

デザイン性も良い、和風画のてぬぐい。

旅人スナフキンの日本てぬぐい。

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

旅キャンプで必要な持ち物:タオル編
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

関連記事

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。