キャンプで使うズボン - 旅先で役立つ道具の選別ポイントを紹介します

旅先で着用するズボンも上着と同じく、軽くて耐久性のある素材が良いでしょう。

野外で洗濯する事を考慮すると乾きやすいポリエステル製のパンツが適していると思います。

特にハードに動き回ることが多い自転車旅や歩き旅の場合は化繊の短パンや膝が擦れない軽いパンツが良いですね。

バイク旅や車旅の場合は移動中にあまり動くことがないので、Gパンなどの綿素材でも支障はありませんが、乾きにくいというデメリットもあります。

普段着用するズボンとは別にテントの中で使用する部屋着用のズボンがあると、汚れたり破れたりした時でも困らないので予備は用意しておきたいところです。

このページでは、旅先で着用するズボン・パンツについて素材別のメリットとデメリットについて紹介したいと思います。

化繊のズボン

旅で着用するズボンは、濡れてもすぐに乾く化学繊維のものが良いと思います。

ポリエステル素材のパンツは肌触りも良く、着心地も快適です。

また、肌触りの良いポリエステルと伸縮性の良いポリウレタン素材を組み合わせたパンツが動きやすくてはきやすいと思います。

最近はホームセンターでも、そこそこデザイン性の高いアウトドアパンツが売られています。

ただ、火の粉に弱いのが難点。

バイクでの普段着

インターネットで安く発売されているアウトドアパンツは、それなりの耐久性のもが多いですが、自分で直すスキルと道具さえあれば、全く問題ないでしょう。

【関連商品・プロモーション】

アウトドアメーカーから発売されているパンツは、利用者の意見を取り入れて改良が重ねられています。

新しい繊維素材を使って強度を高めたり、関節部分の縫製の改良などもされています。

薄いアウトドアパンツはテント中での部屋着としても使える。通気性が良く軽くてコンパクトなズボンが良い。

コットンのズボン

はきやすくて丈夫なコットンのズボンと言えばGパンが思い浮かびます。

コットンなので、焚き火やバーベキューで火の粉が飛んできても化繊の繊維のようにすぐに溶けて穴が空くことがありません。

濡れたら重く、少々乾きづらいという欠点はありますが、価格の安さと耐久性の面では優れています。

【関連商品・プロモーション】

Gパンのように見えるサルエルキャンプパンツ。

ミリタリータイプのパンツもあります。

ポケットの多いカーゴパンツも便利です。

綿麻混紡のイージーパンツもテント内で履くのには快適そう。

短パン

夏のキャンプでは水着があると便利です。

水着があれば、水道にホースを繋いで普通に水浴びをすることもできます。

履きやすいロング丈の短パンも良いですが、水着として使えるショートパンツも使い勝手が良いでしょう。

【関連記事】

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

キャンプで使うズボン - 旅先で役立つ道具の選別ポイントを紹介します
この記事が気に入ったら「シェアをお願いします!

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。