ソロキャンプで必要な道具(住)

一人旅を楽しむ

ソロキャンプの時に必要なアイテム(道具)を衣・食・住のそれぞれのシチュエーション別に分けてみました。

このページではキャンプ泊の時に必要なテントや寝袋を中心とした寝具類や日中に野外で生活するための常備アイテムをまとめています。

野外で快適に過ごすには、他にもラジオやカメラ、スマホなどの情報収集機器、洗面用具などのアメニティグッズ、救急用品や修理セットなどの緊急時の対応グッズも必要になります。

バックパッカーやバイク旅など旅のスタイルによってもパッキング収納するバッグ類がそれぞれ変わってくると思いますのでどうぞ、ご参考になさって下さい。

スポンサーリンク

これだけは揃えたい、通常旅での常備品

テント

ソロキャンプで使うには1~3人用が軽量で使い勝手が良いです。

大型ザックを担いで旅をされる方は軽量な1人用が最適ですが、自転車やバイクなど積載能力がある旅人には雨の日でも荷物置き場を確保できる2~3人用があると快適なキャンプが過ごせると思います。

アライテント3人用

マット

インフレータブル式マットがコンパクトで便利です。

折り畳み式やロール式のウレタンマットは空気を入れる手間が無く、使用したい時にサッと広げる事ができて便利です。
ただ、自動膨張式と比べて軽量で安価なものが多いですが収納時にかさ張るのが難点。

サーマレストのエアマット

シュラフ

ダウンシュラフは羽毛の空気を抜いて圧縮することにより収納サイズをコンパクトにする事ができます。
そして、寒い地方に住む水鳥の羽毛を使用した製品が多いので保温性能も抜群に優れています。

化繊シュラフは、ダウンシュラフのように収納サイズをコンパクトにする事は難しいですが、気兼ねなく何度も洗う事が出来るのでラフに扱う事ができます。

コンパクトなダウンシュラフ

トイレットペーパー

汚れ物を掃除したり、水を使えない場合の食器洗いの際の拭き取り用に利用。

ただ、水に濡れてしまうと使い物にならなくなるので、濡らさないようにご注意を。
水濡れに強いキッチンペーパーと併用すると更に便利です。

キャンプで使うトイレットペーパー

ザックカバー

バックパッカーの方はそのまま使用しますが、チャリダーやライダーの方は後部キャリアの荷物にすっぽりとかぶせて防水、防汚をします。

テントでは、荷物をザックカバーに入れて地面から濡れないようにして前室内に入れておくとテント内が広く使えて便利です。

80リットルのザックカバー

洗面用具セット

石鹸(体、頭、食器洗いを兼ねる事もできます)、歯磨きセット、鏡、スポンジ(食器洗い用)剃刀等。

写真では防水性の高いビニール製のケースに入っていますが、実際には濡れた歯ブラシや濡れた石けんをそのままケースに入れておくことが多いので、ケースの中が乾燥せず悪臭を放つ事があります。

なので、濡れたものが乾燥しやすいメッシュ製のポーチを使用することをおすすめします。

キャンプ用洗面用具

救急用具セット

カットバン、消毒薬、ポケットテッィッシュ、包帯、胃薬、その他常備薬。

万が一の転倒事故や食あたりなどを起してしまった時の為に…

救急用具セット

修理用具セット

アロンアルファ、裁縫用の針と糸、針金、ガムテープ、ビニールテープ等。

ソロキャンプの長旅では、キャンプ道具の修理やメインテナンスは自分で行います。

写真のポーチはラフな扱いでも破れにくいバリスティックナイロン製です。

バリスティックナイロンのポーチ

メモ帳、筆記用具

覚え書きや日記、知り合った人との住所交換用に。

最近は、スマホのメモ帳で何でも済ませる方が多いですが、手書きのメッセージは印象に残ります。

旅の手帳

地図

ツーリングマップルには旅情報が満載です。

こちらもスマホのナビアプリで代用ができますが、バッテリーが切れたら路頭に迷います。

旅の日本地図

目覚まし時計、ラジオ

携帯電話やスマートフォンで代用もできますが、電池切れの心配がないデジタルウォッチがあると安心です。

ラジオは天気予報情報を知る為にも必要です。

旅で役立つスマートフォン

三脚

自分撮りの際には必需品。

他にも、夜景を撮影したり、ランタンハンガーとして使ったりすることもできます。

カメラ用三脚

カメラ、携帯電話

旅の思い出を保存しましょう。

大事な写真は、なるべく早い内にバックアップを取りましょう。

旅のデジタルカメラ

ヘッドランプ

周囲が暗い時にテント設営する際には両手の使えるヘッドランプが必需品。

夜間に非常事態が起きた時にもヘッドランプがあると安心して夜道で行動ができます。

キャンプの時に両手が使えるヘッドライト

予備充電電池、充電器

カメラ用、ヘッドライト用。充電できる環境であれば充電器も一緒に持参。

エネループの充電電池

ビニール袋、レジ袋

レジ袋があるとゴミ袋、防水袋、小物の整理袋として重宝します。

他にも色々な使い方ができるので、買い物をしたときには必ずストックしておきましょう。

キャンプの時に便利なレジ袋

財布

現金、健康保険証、クレジットカードやキャッシュカードなどの貴重品を収納します。

バリスティックナイロンの財布

大型ザック派、デイパック派

バックパッカーの場合:全ての荷物を収納。

すべての荷物を担いで移動しなければならないので、自分の体力にあった装備で重量調節が必要です。

バックパッカーのザック

ダッフルバッグ派

チャリダーやライダーの場合:全ての荷物を収納。

バッグが防水仕様ではない場合はバッグ内部に防水バッグを利用するか、バッグをカバーする防水のパックカバーを利用します。

旅のダッフルバッグ

振り分けバッグ派

チャリダーやライダーの場合:全ての荷物を収納。

サイドバッグも防水仕様ではない場合、防水対策が必要です。

バイク用振り分けバッグ

コンテナ派

ライダーの場合:荷物の出し入れが便利なハードコンテナは、テーブル代わりにもなります。

コンテナ自体が防水対策されているので、雨が降ってもテントの外やバイクに取り付けたまま外に放置しても安心です。

コンテナを旅のバイクに積載

ルーフキャリア派

車旅の場合:車内を広々と使うにはルーフキャリアが大変便利。

小さな車でキャンプに行く時はもちろん便利ですが、移動時や悪天候時に急遽、車中泊する事になっても車内を広く使えるので安心です。

ルーフキャリアを旅の車に積載

+真夏のキャンプ装備の場合

夏用のシュラフ

夏はシュラフカバーとシュラフシーツだけでも良いかも?

コンパクトな夏用シュラフ

シュラフシーツ

通気性の良い化繊製や保温性の高い絹製などあります。コットン製は安価で丸洗いもできます

旅のシュラフシーツ

蚊取り線香

やはり日本製が強力です。

夏のキャンプで必需品の蚊取り線香

蚊帳
(モスキートネット)

蚊帳とタープだけでもテント代わりになります。

旅の蚊帳

マスク、シュノーケル

綺麗な海や川では、思いっきり泳ぎたいですね。

旅のスノーケル

+冬期のキャンプ装備の場合

冬用のダウンシュラフ

マットの性能にも左右されるので外気温-20℃以下でも耐えれるものが良いです。

冬用のダウンシュラフ

シュラフカバー

3レイヤーのものは夏場は単体でシュラフ代わりに使えます。

ゴアテックスのシュラフカバー

冬用のマット

手持ちの3シーズン用マットと銀マットを合わせて使っても効果があります。

冬用のキャンプマット

タイヤチェーン

雪道走行時の車旅には必需品です。

スタッドレスにタイヤチェーンを装着

+あると便利な装備の場合

約5メートルの予備紐

洗濯物などを干したり、テントやタープの張り綱が切れた時に使います。

キャンプ用の予備ロープ

みみかき

耳がとってもかゆい時に!

旅先で耳掻き

小型の楽器

ハーモニカ、オカリナ、ウクレレなど。

旅にはウクレレ

鍵、ワイヤー

ヘルメットや自転車の盗難防止には必要です。

旅先での盗難防止にワイヤー付きの鍵

ビニールホース50cm

ペットボトルの入らない洗面台などで水の確保には便利。

キャンプの時にあると便利なビニールホース

タープ

雨の日の自炊やテントの出入りの際には濡れずに済みます。

天気の良い日は連泊中の炎天下のテント内はサウナ状態です…
タープで日陰を作り快適な旅に!

テントとタープの組み合わせ

タープ用ポール

タープを張る際に必要です。

小型のノコギリがあれば、木の枝で自作するのもありです。

コンパクトなタープ用のポール

ランタン

ヘッドランプの灯かりでは物足りない時に。

電池式のLEDランタン

携帯イス

焚き火をする時やお隣の宴会キャンプへ誘われた時には必要。

キャンプ用の携帯イス

ブルーシート
(ドカシー)

グランドシート代わりになったりタープになったり何でも使える万能シートです。

キャンプで使うハイテクグランドシート

丈夫なロープ

旅の荷物を結束する時に使っておくと非常時には役立ちます。

旅のパッキングには丈夫なロープ

バイク用工具

バイク旅の時はバイク工具を。

旅で持って行くバイク用の工具

自転車用工具

チャリンコ旅の時は自転車工具を。

旅で持って行く自転車整備用工具

ハンモック

パラシュート生地のものがコンパクトに収納できます。

パラシュート生地の携帯ハンモック

簡易シャワー

太陽熱で暖めるタイプのシャワーです。

メーカーによって違いはありますが、容量が10~20リットルくらいは水を入れることができるので、予備の水タンク代わりに使っても便利です。

携帯シャワー

折り畳みバケツ

食器洗いやちょっした洗濯時にも便利。

キャンプ用の折り畳みバケツ

プライヤーツール

修理や自作好きのキャンパーにはお勧めのアイテムです。

スライド式のプライヤーツール

ポイズンリムーバー

ダニやブヨなど虫刺されに弱い方にお勧め。

ポイズンリムーバーはキャンプでの虫さされの強い見方

薪ストーブ

キャンプ場で薪を集めて燃やせば燃料代の節約になります。

コンパクトなサバイバルストーブ
ソロキャンプで必要な道具(住)必需品&あると便利な居住関係アイテム
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

関連記事

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。