ソロキャンプの楽しみ方

友人や知人に「一人旅でキャンプへ行く」と言うと、周りから『みんなで行く方が楽しくない?』『寂しくない?』…

なんて、言われる事があります。

確かに気の合った仲間同士でワイワイ騒ぐキャンプも楽しいですが、ひとりでのキャンプは又、別の楽しみがあります。

ひとり旅でソロキャンプをする利点は、他人に左右されることなく自由に行動ができるという点ですかね。

スポンサーリンク

また、ソロキャンプだと色んな人に話しかけられることも多く、新しい発見や一期一会の貴重な出会いを体験することも良くあります。

そんなソロキャンプでの楽しみ方についてまとめてみました。

キャンプ地で何もしない

キャンプ地では衣・食・住に関する事以外は何もせず、自分のペースで一日を過ごすという楽しみ方もあります。

冬の寒い朝には、太陽がテントを暖めてくれるまでシュラフに潜り込んで朝寝坊をしてみたり。

夏の暑い日には海や川の冷たい水で体を冷やすのも、とても気持ちが良いものです。

そして、お腹がすいたら食事を作り、薪集めやキャンプ道具のメインテナンス、快適なキャンプレイアウト作りなども楽しい作業です。

満天の星空の下、焚き火を眺めながらほろ酔い加減で眠くなるまで過ごす…

腕時計を外し、携帯電話の電源も切る。キャンプ地が圏外ならば、なおさら良いでしょう。

そんな贅沢な時間の過ごし方もおススメです。

キャンプで焚き火を楽しむ

日本全国どこでも携帯電話が繋がるようになりましたが、田舎の山間部にあるキャンプ場では未だに圏外の場所もあります。

キャンプブームやキャンプシーズンが到来する度にキャンプ場は激混みですが、シーズンオフの平日には貸し切りになる確率が高くなります。

日本で完全なソロキャンプを楽しむには、平日にキャンプへ行くしかないでしょう。

野営地選びも重要なポイントですね。

キャンプで昼寝を楽しむ

私は日本の離島でのキャンプが大好きです。

橋で繋がっていない離島では町の雑踏や車の騒音もありません。

時折、波の音やフェリーの汽笛が聞こえてくるくらいです。

波打ち際で流木を拾って薪集めしたり、魚を釣ったりして過ごすのも楽しいです。

家庭を持たれている方でしたら、ファミリーキャンプ以外でも、たまには「パパだけキャンプ」で時を忘れてみるのも楽しいと思いますよ。

離島でキャンプを楽しむ

ひとり旅でキャンプをする場合、仕事や学校の休日を利用する、又は仕事を辞めて長期放浪のキャンプ旅へ出るという方もいるでしょう。

日ごろは忙しい仕事や家事に追われ、様々なメディア・SNSなどの膨大な情報に流されがちですよね。

何もしないソロキャンプで非日常を過ごすことで、何か新しいヒラメキや発見に気づくこともあります。

ソロキャンプの間に心のリセットをして自分の目標を立て直すのも良い機会ではないでしょうか。

離島でキャンプを楽しむ

キャンプ地で何かに没頭する

キャンプ地で自分の趣味に没頭するのも楽しいと思います。

例えば、釣り好きの人であれば釣りの仕掛け作りに没頭するのも良いでしょう。

夏であれば海に潜ってモリやヤスで魚を突くという方法もあります。

釣ってきた魚をキャンプの食糧にすれば、食費も浮いて荷物も減らせるので一石二鳥です。

森のキャンプでは山菜や栗拾いなども可能です。ただし、クマには要注意。

その代わり、ボウズで終わってしまうと白飯だけを食べる事になりますが…

キャンプ地で釣りに没頭する

「キャンプをする時は風呂に入らない」という方もいると思いますが、長期のキャンプになると、そうはいかないでしょう。

お風呂に入るなら温泉が気持ち良いのですが、キャンプ場に温泉が併設している場所は多くありません。

しかし、キャンプ場から歩いて行ける、もしくはバイクで数分という距離にある温泉地は意外とあります。

日帰り温泉に浸かって一日を過ごすと疲れも吹き飛ぶし、旅のストレスもスッキリと解消されます。

温泉地での湯治キャンプも良いのでは。

キャンプ地で温泉に没頭する

他にも読書好きな人であれば、日ごろ落ち着いて家で読めない小説や漫画などを読みふけるのも良いでしょう。

トレッキングや林道巡りが好きな人はキャンプ地周辺の野山を徒歩やバイクで回るのも楽しい。

ブッシュクラフトの合間に筋トレなどをすれば体力作りにもなります。

犬連れの人は愛犬との楽しい一日を過ごしたり、風景画や漫画を描くのも良さそう。

誰もいない場所では音楽鑑賞や楽器の練習をするもの良いでしょう。

九州以外の山間キャンプ場ではクマ避けにもなります。

ただ注意点として、他にキャンパーさんが滞在している場所での楽器演奏や音楽鑑賞は静かに過ごしたいキャンパーさんの迷惑になるので避けなければなりません。

キャンプ場でウクレレを楽しむ

雨のキャンプでは、テントの中で映画鑑賞などをしても面白いです。

遮音性の高いヘッドフォンを使用すれば、映画の世界にタップリと浸れるでしょう。

事前にポータブル電源などを用意しておけば、バッテリー残量を気にすることもありません。

無料Wi-Fiの使える環境のキャンプ場ならば、お気に入りの動画を思う存分見る事もできます。

ソロキャンプでは趣味に没頭することが可能なので、有意義な時間が過ごせると思います。

テントの中で映画鑑賞

こちらのリンク先で自作のポータブルバッテリーの作り方を紹介していますのでご参考までに。

キャンプ地をベースに何かする

キャンプ地を宿泊のベースとして利用するのも一つの方法です。

例えば、バイクや自転車にキャンプ道具を満載して「日本一周」をされている方をたまに見かけます。

その場合は日本一周が目的なので、キャンプ場を宿代わりとして利用することが多いのです。

基本的に昼間は観光や移動に費やし、夜になってキャンプイン。

そして、翌日はお昼までに出発するのがルーティーンでしょう。

「日本一周なんて退職しなければ無理だ」と思われている方も多いと思いますが、仕事の休日を利用して分割日本一周をされているキャンパーさんに合ったこともありました。

日本一周でなくても九州一周や四国一周などは仕事の休日を利用しても行く事ができるのではないでしょうか。

高速道路や長距離フェリーを使えば、楽に移動距離を延ばすことも可能です。

キャンプ場を宿泊地として利用すれば、観光もキャンプも同時に楽しむことができます。

ソロキャンプで日本一周

歴史に興味があれば、「史跡めぐり」も楽しいです。

大河ドラマの舞台になった歴史的なスポットなどを巡って、夜は地元の名物食材を使ってキャンプ料理を楽しんでも良いでしょう。

シーカヤックで岬めぐりしながら海岸でのキャンプ、スキューバ、サーフィンのポイントを探してキャンプ旅をしている方もいます。

最近注目されているパワースポット巡りもおススメ。

日本には四季があります、同じ場所であっても春には満開の桜でお花見、秋には真っ赤な紅葉でもみじ狩りを楽しむこともできます。

自然と歴史の壮大さを実感できるキャンプ旅も素敵です。

桜巡りでキャンプ

そして、「お祭りめぐり」も楽しいと思います。

踊りが中心の夏祭りはエネルギーがいっぱいで、祭りに参加すればストレスも発散できます。

中でも旅人が多く集まる青森市の「ねぶた祭り」ではお祭りに参加するキャンパーの宿泊地として臨時キャンプ場まで開設されています。

秋になると農作物や水産物、秋の味覚のグルメでいっぱいの秋祭りも各地で開催されます。

お祭り会場によっては、無料でイクラ丼や豚汁、牛乳や野菜などが振舞われているところもあるので楽しいです。

お祭り巡りでキャンプ

旅先で、「ご当地グルメ」を味わうのも楽しいでしょう。

日本全国には、その土地でしか味わえない「ご当地グルメ」がたくさんあります。

キャンプ場で本格的な料理をしなくても、旅先の美味しい料理や地酒を買ってきて楽しむのも一つの方法です。

必要最低限の調理器具があれば良いので、キャンプ道具を減らすこともできます。

キャンプ場からご当地グルメを楽しむ

キャンプ地で人との出会い

キャンプをしていると、たまに自分と同じようなスタイルのソロキャンパーに出会うことがあります。

勇気を出して声をかけてみると、キャンプの話で盛り上がり意気投合する事もよくあります。

そこから、人の輪が広がり、気付くとキャンプ場で知り合った人とお喋りして一日が終わる事も。

昔、旅先でキャンプ場を早朝に出発する予定が、そこで知り合った旅仲間との会話が楽しすぎて、気付けば一週間も同じキャンプ場へ沈没したこともありました。

キャンプの情報は、キャンプをしている人から聞くのが一番身に付きます。

旅先なので出会う人は知らない人ばかりです。 当然、相手も自分の事を知りません。

もう、この人とは一生出会うことがないかもしれないと思えば気軽に声を掛ける事もできますよね。

お隣のキャンパーさんから、おすそ分けをもらったり、反対に差し入れしたりということもあります。

旅は道連れ世は情けって言いますよね。

ただ、キャンパーの中には誰からも話しかけて欲しくないという人もいるので、その辺はオーラを感じて距離感を保つことも大事です。

キャンプ地で人との出会い

キャンプ場からバイトへ行く

昔の話ですが、私がキャンプをしながら旅をしていた時はキャンプ場からアルバイトへ通っている旅人をよく見かけました。

定番の旅のアルバイトと言えば、北海道でのシャケバイ(鮭のイクラ加工作業)や沖縄のサトウキビ工場(黒砂糖の加工作業)、安宿でのヘルパー(宿の雑用作業)などがありました。

沈没組の旅人が滞在するキャンプ場には、炊事棟や東屋に「短期の仕事募集!三食付き」なんて貼り紙が見かける事もありました。

でも、現在はそんな旅人は少なくなったようですね。

西表島の製糖工場で働いていた知り合いの女の子は1月~5月までのバイトで100万円の貯金ができたと言っていました。 その年は西表島のサトウキビが豊作で作業期間が長かったらしく、しっかりと稼ぐことができたようです。

最近の季節バイト情報はキャンプ場ではなくてゲストハウスなどの安宿にあるみたいです。

もし旅先のキャンプ場で2~3日のバイトとかのお誘いがあったら、経験してみるのも良い思い出になるでしょう。

最後に、キャンプ場を撤収する際には原状復帰が鉄則です。

テントを張っていた場所には、焦げ跡、堀り跡はもちろんの事、石ひとつ残さないように心がけたいですね。

また、新型コロナが終息したら以前のようにキャンプ旅ができる事を願っています。

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

ソロキャンプの楽しみ方
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!
最新情報をお届けします。

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

関連記事

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。