ソロキャンプのちょい技・裏技

一人旅を楽しむ

バイクや自転車のソロキャンプでは積載量が限られているので、必要最低限の装備をすることが多いと思います。

一つのキャンプ道具を色々なシチュエーションで多目的に使う事もあります。

少ない道具を使ってキャンプで役立つそんなちょい技や裏技を集めてみました。

徐々にアップしていきたいと思いますのでご参考になさってください。

スポンサーリンク

レジ袋で洗濯する方法

普段、スーパーマーケットなどで買い物をしたときにもらえるレジ袋を使って洗濯をします。

レジ袋の取っ手の片方を水道の蛇口に引っ掛けて中に水を入れて貯めると、かなりの安定感でレジ袋が自立します。

後は洗濯物と洗剤を入れて手もみ洗いをします。

すすぎの時も同じ要領で行います。

最後は洗濯物を良く絞って、レジ袋の中へ入れて物干し場へ持って行き乾かします。
その際にレジ袋も干して良く乾かしておけば、また他の用途でも使えますよ。

レジ袋で洗濯する方法

レジ袋をランタンシェードにする方法

普段使っているヘッドライトやランタンに大き目のレジ袋をかぶせるだけで、明るいランタンシェードに変身します。

風の強い日にはレジ袋が飛んで行ってしまう事もあるので、水を入れたペットボトルをレジ袋の中へ入れて固定すると良いです。

レジ袋をランタンシェードにする方法

食器用のミニ物干しを作る方法

食器を洗った後、ちょっと何かに引っ掛けて乾燥させたい時に便利な技です。

ペットボトルとロープとペグがあれば、簡単に設置が可能です。

水を節約して洗い物をする方法

水が確保できない場所でゲリラキャンプなどをする時に有効な方法です。

【ラップを使う】
食器にラップを敷いてからご飯を食べる。食べ終わったら汚れたラップを捨てるだけ。

【トイレットペーパーを使う】
指一本を使って少量の水で食器の中の汚れを落とす。次に食器が乾かない内に手早くトイレットペーパーできれいに汚れをふき取る。

水を節約して洗い物をする方法

自閉式水栓を便利に使う方法

蛇口がバネ式の自閉式ホーム水栓を使っている炊事場は、蛇口を片手でずっとひねっていないと水が止まってしまうので超不便です。

両手を使うことができないので、顔も洗えないし洗い物のすすぎもできない…

そんな時は写真のように小枝を拾ってきて、壁と蛇口のハンドルの間に挟み込みます。

すると、蛇口から手を放しても水はずっと出っ放しに。

挟み込む枝の長さを変える事で水の出す量も調整が可能です。

蛇口がバネ式の自閉式ホーム水栓を便利に使う方法
蛇口がバネ式の自閉式ホーム水栓を便利に使う方法2

牛乳パックの便利な活用方法

牛乳パックは、キャンプの時に持って行くと、とても活躍するアイテムです。

●食材を持って行くときに、肉や野菜を牛乳パックへ入れて容器代わりに使う。

●牛乳パックへ水を入れて凍らせ、クーラーボックスの保冷材として使う。

●炊事場で、牛乳パックを切り開いてまな板代わりに使う。

●牛乳パックにはロウ(ワックス)が塗ってあるので良く燃え、焚き火の時の着火剤として使える。

●ホットドッグの具材をアルミホイルで包んで牛乳パックに入れて燃やせば簡単にホットドッグが作れる。

最後は、カマドで燃やして灰にすればゴミも出ません。

牛乳パックの便利な活用方法

ダブルクリップの便利な活用方法

100円ショップの文具用品コーナーで売っているダブルクリップの便利な活用方法をご紹介します。
大きなものや取っ手も長いものなど、いろんな種類のダブルクリップが売っています。

●キャンプ場で靴下などの洗濯物が強風で飛んでゆかないように小さなダブルクリップを使って洗濯バサミの代わりとして使う。

●蚊取り線の台座として使う。

●複数のダブルクリップを組み合わせてスマホスタンドを作る。

●テントの中で車やバイクの鍵が無くならないように、ダブルクリップで分かりやすい場所に留めておく。

ダブルクリップを使ってソロキャンプ用のテーブルを作る方法

ダブルクリップの蚊取り線香立て

アルミペグを曲げずに打ち込む方法

テントサイトで硬くて石の多い地面にアルミペグを打ち込むとすぐに曲がってしまってがっかりした事はありませんか?

ソリッドステークなどの堅強な鍛造ペグを多数揃えている方も多いと思いますが、その場合はペグだけでかなりの重量が増えてしまいます。

そんな時は、まず初めにソリッドステークを1本だけ使ってペグの半分くらいの深さの下穴を開けておき、そこへアルミペグを打ち込みます。

アルミペグでも半分以上埋まった状態で打ち込めば、少々硬い地面でもどんどん入っていきます。
もし土の中で硬い石に当たった感触があれば無理をせずに、すぐにアルミペグを引き抜いてもう一度ソリッドステークを打ち込んで石を砕きます。

ソリッドステークが1本だけあれば、どんな地面でも怖いものなしです。
下の写真のようにアルミペグをアスファルトに打ち込むことも可能です。

アルミペグを曲げずにアスファルトへ打ち込む方法

ペラペラの風防を収納する方法

アルコールストーブやガス式のストーブなど風が吹いていると火力が落ちてしまうようなキャンプ用ストーブには風防が必需品です。

しかし、板状の折り畳み式風防はどうしても収納スペースを取ってしまうのでMSRやOPTIMUSの分離型ストーブに付属しているような一枚もののウインドフォイルを使っている方も多いのではないでしょうか?

そんなペラペラのアルミ風防は折り曲げて収納すると折り癖が付いてしまうので、燃料ボトルに巻いて収納しましょう。

マミーシュラフの連結方法

ソロキャンプの場合あまり使う事のない技ですが、二組のマミー型寝袋を連結して大きなシュラフにして使う方法です。

タガネで薪割りをする方法

コンパクトなタガネとセットハンマーを使って大きな薪を割る方法です。

タガネで薪割りをする方法

ソロキャンプの楽しさ
この記事が気に入ったらシェアをお願いします!

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

スポンサーリンク

関連記事

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。