ソロキャンプでの移動手段 - 車、バイク、自転車、歩き、それぞれの利点・欠点について

ひとり旅が目的のソロキャンプでは、移動手段も楽しみの内の一つだと思います。

移動手段を変えるだけで、旅の印象がガラッと変わることもよくあります。

例えば、たくさんのキャンプ道具を持って行くなら車旅が便利ですが、駐車料金や燃料代が増えるというデメリットがあります。

エコノミーに長距離移動するなら、燃費の良いバイク移動がおススメ。

そして、体力勝負の移動なら自転車移動やバックパッカーでの歩き旅です。

変わったところでは、ローラーブレードで旅しているキャンパーさんに会ったこともあります。

そんな旅の移動手段について考えられるメリットとデメリットについて、まとめてみました。

バイクで移動

旅の足で一番効率が良いのは、やはりオートバイではないでしょうか?

自動車では進入不可能なキャンプ地でもスイスイと入っていくことができます。

250ccクラスのバイクだと燃費が良く、重量のある荷物を積んでもパワーが落ちることなく長距離走行ができます。

多少の技術は必要ですが、オフ車ならダートの道でも走行が可能です。

バイクの後部キャリアは丈夫で積載能力が高く、驚くほど荷物が積載できる事が最大のメリットでしょう。

    バイク旅のメリット
  • 燃費が良い
  • 渋滞でもすり抜け可能
  • 積載能力が高い
  • オフ車ならダート走行可能
  • 観光地では駐車料金が安い
  • 原チャリならフェリー代が安い
  • 走行中に充電する事ができる
  • 体力を使わないので食費が少ない

デメリットとしては、「立ちごけ」もしくは「サイドスタンドが埋まる」などしてバイクが転倒すると、一度荷物を降ろさないと重すぎてバイクを起こせない事です。

オンロードのバイクだとダートや砂利道は走れないし、パンクをすると修理に時間がかかります。

高速道路や有料道路の通行料金が軽自動車と一緒なのも、何故か悔しい…

また、テントではヘルメットやバイクブーツの置き場所も必要です。

    バイク旅のデメリット
  • 過積載すると転倒しやすい
  • オンロードはダート走行不能
  • パンク修理に手間取る
  • 有料道路の料金が軽自動車と同じ
  • 大型バイクはフェリー代が高い
  • ヘルメットの置き場が必要
  • 入浴後にメットを被るがイヤ
ソロキャンプはバイクで移動

【関連記事】

ちゃりんこで移動

チャリンコでの旅は、半分自分との挑戦という感覚になります。

移動で体力をかなり使ってしまうので、イザ目的地に到着して観光となると気力が半減してしまいがちです。 

でも自力走行で目的地に到着した時などは、他のものに例え難いほどの充実感と感動を味わうことができます。

体力と気力が日増しに備わってくるので、帰宅するころには元気いっぱいになっています。

    ちゃりんこ旅のメリット
  • テントサイトまで乗り入れ可能
  • ガソリン代が必要ない
  • 体が健康になる
  • 旅の充実感がある
  • 多くの人と出会える
  • イザとなれば輪行が可能
  • 観光地では駐車料金が不要
  • フェリー代が安い

デメリットとしては燃費が悪い事が挙げられます。

何故かというと、バイク旅のように「ガソリン代がかからないので安く旅ができるのでは?」と考えがちですが、実際は疲れ果てた体力を補う為に食事代が異常にかかります。

実際、食べないとバテてしまって動けません。

水分もどんどん補給しなければなりません。夏は誘惑に負けてジュースを買ってしまう事もしばしばあるので…

あと、軽量な荷物でも肩に担ぐと極端に体力を消耗するので、なるべく身体は軽装で走る必要があります。

    ちゃりんこ旅のデメリット
  • 燃費が悪い(食費)
  • 体のどこかが筋肉痛
  • 移動だけ疲れるので観光できない
  • 水分補給が欠かせない
  • 積載できる道具が限られる
  • 風や坂道で旅のペースが落ちる
  • 夏は日焼け対策が必須
チャリダーでソロキャンプ

【関連記事】

徒歩で移動

俗に徒歩ダーとかバックパッカーとか呼ばれている人達です。

自由度は徒歩での旅が一番だと思います。

お金をかけたくなければ、ヒッチハイクもできますし、青春十八切符を使ってJRでの移動もできます。

身軽なので、イザとなれば飛行機で一気に移動なんてことも可能です。

    徒歩旅のメリット
  • 旅の充実感がある
  • 多くの人と出会える
  • JRや飛行機も利用可能
  • ヒッチハイクも可能
  • フェリー代が人間のみ
  • キャリアやリアカーを使う手もある
  • 登山道を行くこともできる

デメリットとしては、すべての道具を自分が背負うことになりますので道具選びは慎重になります。

お土産を買うのも、荷物が増えるのでためらってしまう。

    徒歩旅のデメリット
  • 担げる道具が限られる
  • 乗り物を利用すると費用が増える
  • 一日に進む距離が限られる
  • 不必要なものは購入できない
  • キャンプ場が遠いと行けない
  • 水分補給が欠かせない
  • トイレの時は荷物置き場に困る
歩きでソロキャンプ

【関連記事】

車で移動

一番楽チンでお金のかかる移動方法です。

荷物を積載しようと思えば、いくらでも積めます。

疲れた時にはすぐに仮眠ができるし、悪天候なら車中泊をすることも可能です。

大事なものを車の中に入れておけば防犯対策にもなります。

走行中は手軽に充電ができるのも便利です。

    車旅のメリット
  • 移動が楽
  • いくらでも荷物が積める
  • いつでも車中泊に変更できる
  • 車内は防犯効果が高い
  • 走行中に手軽に充電できる
  • 温泉に入っても髪型が乱れない
  • 体力を使わないので食費が少ない

デメリットとしては、キャンプ場によっては駐車料金を徴収される事やバイクや自転車はテントサイトまで乗り入れ可能でも自動車はダメな場合があります。

バイクと比べるとはるかに燃費が悪く、ガソリン代がかかります。

カーフェリーではバイクの5倍くらいの乗船料が必要な場合もあります。

県外を旅していると何故か頻繁に職務質問をされます。

車旅では、旅人から声をかけられることが少ないので旅情報を得たい場合は積極的にこちらから声をかけましょう。

    車旅のデメリット
  • 駐車場からテン場が遠いことが多い
  • 渋滞にはまる
  • 駐車料金を取られる
  • フェリー代や有料道路が高い
  • 燃費が悪い
  • 故障したら自分で修理できない
  • 職務質問をされる確率が高い
マイカーでソロキャンプ

【関連記事】

ソロキャンプでは、雪の日の寒さや夏の太陽の暑さ、強風の怖さやそよ風の快適さ、雨の音や虫や鳥の鳴き声、肌を通して自然を実感することができます。

最近ではブッシュクラフトなど、キャンプ道具を自作して楽しむ方も増えてきました。様々なキャンプシーンで使える色々な情報を個人的な観点で綴って掲載しております。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

ひとり旅でのソロキャンプの利点は誰にも邪魔される事無く、その時の状況でいつでも行き先や行動を変更したりできます。

雨が降ればテントでゴロゴロ、天気が良ければ木陰で昼寝、夜になれば焚き火で乾杯。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。

ソロキャンプでの移動手段 - 車、バイク、自転車、歩き、それぞれの利点・欠点について
この記事が気に入ったら「シェアをお願いします!

キャンプ生活で起こる様々な問題やトラブル、ちょっとした工夫で快適なアウトドア生活が送れるアイデアなど、このページがお役に立てることができれば幸いです。

なお、一度書いた記事を再度、更新する事もしばしばあります。ページで紹介している、おすすめ商品が売り切れでリンク切れになっていることもございます。
そして、この記事を読む人によっては意見の相違もあるかと思いますが何卒ご了承願います。

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、友達探しのキャンプ
観光を目的とし、宿泊費を浮かす為だけにする、ゲリラキャンプ

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。