ひとり旅でソロキャンプ

自然の中で「ひとりの時間」を有意義に楽しむことができるソロキャンプ。

ソロキャンプの利点は他人に左右されず自由に行動ができる事。 お腹がすいたら食事を取り、眠くなったら眠る…

宿の確保も必要ありません。気が変わったら予定のキャンプ地を変更することだって気兼ねなく出来ます。

風の吹くまま、気の向くまま、自由気ままなキャンプ旅。

道具・知識・経験を身につけ、自由きままなキャンプ旅へ!

五感で自然を楽しむことが出来るのがソロキャンプの最大の魅力ではないでしょうか。

日本は島国。 のんびりできる離島でのキャンプもおすすめです。

このサイトでは、主にひとり旅をしながらキャンプすることの楽しさや無料や格安で自作するキャンプ道具について紹介したいと思います。

装備や食事、一人旅の楽しみ方など工夫を凝らしてソロキャンプを楽しみましょう。

一人旅のキャンプ

ソロキャンプには大きく分けて2つのタイプがあると思います。

ひとつは焚火や読書など、キャンプ場で一日を過ごす「まったりキャンプ」。

もう一方は登山やツーリングなどが目的でキャンプを宿泊手段として利用する「宿代わりキャンプ」。

もちろん、両タイプのキャンプをひとり旅で楽しむという方もいるでしょう。

Solo Camping Trip in Japan

また、ひとり旅を楽しむソロキャンプは、タイプや移動手段、宿泊スタイルによって大きく装備が変わる事もあります。

キャンプが目的の場合、野営地で一日を過ごせる装備を持ち込むので快適な反面、荷物が多くなります。

そして、キャンプが宿泊手段の場合は夕方からキャンプインして夜は食べて眠るだけなので、軽装備の方も多い。

キャンプの出発前に、あれこれと装備を考えてパッキングするのも楽しみのひとつです。

ひとり旅でソロキャンプ - 道具・知識・経験を身につけ、自由きままなキャンプ旅へ!
この記事が気に入ったら「シェアをお願いします!

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ。
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ。
キャンプ場で仲間を増やす、仲間探しのキャンプ。
観光を目的とし、宿泊費を浮かす目的のゲリラキャンプ。

それぞれ自分のスタイルに合った、キャンプ(野営)を楽しみましょう。

あと、くれぐれも防犯対策にも心がけてください。 テントを設営してから買出しやお風呂へ行く場合は必ず貴重品は携帯しておきましょう。

特に女性の方は、なるべくファミリーキャンパーさんのお近くにテントを張るなどしてみてはいかがでしょうか。

そして、キャンプの後は現状復帰して、ゴミはすべて持ち去って処分しましょう。

【ソロキャンプ】

キャンプには色々な楽しみ方があると思います。

大勢の仲間で楽しむ、宴会キャンプ
一人で、山の中や無人島にこもる、自分を見つめなおすキャンプ
キャンプ場で仲間を増やす、仲間探しのキャンプ。
観光を目的とし、宿泊費を浮かす目的のゲリラキャンプ。

その他、キャンプ(野営)の目的は人それぞれで違いますよね。

一人旅でキャンプを楽しみたい方に参考になればと思い、このホームページを製作いたしました。